親御さまへ

虫歯を予防し、お口の中を健康に保つには、子供の頃からの正しいブラッシング習慣が必要不可欠です。特に小学校低学年位までは、自分自身での歯磨きには限界があるため、親御さまによる仕上げ磨きが必要になります。

仕上げ磨きをしていただいていても虫歯になりやすいお子さまは、虫歯になりやすい所(歯と歯の間や、奥歯の噛み合わせの部分にあるみぞなど)から虫歯になってしまいます。そのため、定期的なフッ素塗布や、シーラントなどの予防歯科が重要になります。

 

幼児歯科健康診査・フッ素塗布 無料

歯科健診、歯科相談
1歳6カ月児、3歳児健診の際にあわせて歯科健診を行います。3歳までは個別相談や教室なども行っています。また、3歳まで必要に応じて、歯科健診、予防処置(有料)が受けられます。

幼児歯科健康診査とフッ化物塗布
対象者には、受診券を交付します。次のとおり、指定歯科医療機関で無料で受診できます。

対象年齢及び回数
2歳以上3歳児未満の間に1回(1歳6カ月児健診案内に受診券交付)
3歳以上就学前までの間に3回(3歳児健診案内に受診券交付)

 

子供の虫歯の特徴

お子さまの歯は基本的にやわらかいため、虫歯の進行がはやいのが特徴です。そのため、大人の感覚で虫歯の進行を考えると、思った以上に進行している場合が多いので、早期に発見するためにも定期検診を受けることをおすすめいたします。


最近のお子さんの口の中の傾向

虫歯の数は減少傾向ですが、歯並びの悪いお子さんが増加しています。昔と違い、固い物を食べないなどの食生活の変化に伴い、顎の骨の発達が悪く、歯の大きさと顎の骨のバランスが悪くなり、歯並びの不正になっているお子さんが多くなってきています。