虫歯は削ると二度と元には戻りません

お子さんの永久歯は生えてくるときはまだ完全に完成していないため、やわらかい状態で生えてきます。よって虫歯になりやすく虫歯の進行はすごくはやいです。親御さんの仕上げ磨きとともに定期検診を受けることはすごく重要になってきます。 フッ素塗布や、シーラント処置をすることも重要です。

 

ご自身でのセルフケア

歯磨きが非常に重要です。 自分でよく磨いているつもりでも汚れの残りやすい場所や苦手な所がある場合が多く、そこから虫歯や歯周病がすすんでしまいます。そのため定期的な検診が重要になってきます。ここで磨き残しになりやすい場所や苦手な部位が確認できます。

 

クリニックでのメインテナンス

虫歯や歯周病などの治療を終了した後定期的に患者さまに御来院いただき、口の中の調査や歯周病の予防を行います。これにより、虫歯は小さいうちに発見でき、歯周病になる可能性もぐっと下げられます。

 

フッ素塗布

フッ素を歯に塗布することで、歯を強くし虫歯予防にも大変効果があります。中嶋歯科医院では、小児のフッ素塗布を無料で行っております。

》無料フッ素塗布について詳しくはこちら

シーラント

歯の咬み合う部分に溝があり、そこの汚れは取り除くのが難しいためその溝を埋めてしまい、汚れが入りこまないようにする非常に効果の高い予防の手段です。(また溝をうめる材料はフッ素を含んでいます)

 

定期検診がおすすめ

お口の中の状態によって異なりますが、1~6ヶ月に一度のメインテナンスが必要です。