抜歯の後は?

歯のなくなったままにしていますと、隣の歯がたおれてきたり、噛み合っている歯が出てきたりして、噛み合わせがくずれてしまうため、そこに何かを入れないといけません。

保険で入れる場合は取りはずしのできる入れ歯タイプの物と両側の歯を削って橋渡しのようにしてセメントで固定するブリッジタイプの物があります。

 

入れ歯

取り外し可能なタイプのものとなります。入れ歯タイプの物は少し大きい物がお口の中に入るので違和感が大きくなります。隙間に物が詰まりやすいなど使い勝手は悪くなります。

保険外の入れ歯もあり、違和感を少なくしたり、見た目をよくするような物も今は出てきています。保険適用でない物は値段も高くなってしまいます。

 

ブリッジ

ブリッジとは、両側の歯を削り橋渡しをするような一体型の金属で固定してしまうタイプの物です。使い勝手は取り外しの入れ歯と違い違和感などは少なく良好です。

ただ、両側の歯を削らないといけないため、残っている歯に対する影響は少なくありません。

また保険では、前歯は白い物が作れますが、奥歯は白い物が入れられません(保険外では白い物が入れられます)また両側の歯になくなった歯の分も力が加わることになるため負担が大きくなります。

(抜歯してなくなった歯が多くなってしまうと保険で適用外の場合がでてきます。)

 

インプラント

なくなった歯の場所に人工の歯根(しこん)を埋め込んで顎の骨に固定した後、人工の歯を上から装着する治療方法です。これは周囲の歯も傷つけず、自分の歯のような感覚で噛むことができます。噛む力や味覚が低下することはありません。

通常1本打ち込むのに20万円+消費税かかります。インプラントの被せ物は保険がきかないため、1本につき5万~10万円かかります。

お口の中の状態によって違いますが、歯を抜くのと同程度の手術が必要で、体質や疾病(しっぺい)あるいは顎の骨の状態によっては治療できない事もあります。インプラントは顎骨に埋めるため細菌感染には十分な注意が必要で、正しい清掃週間と定期検診が必要となります。1~6ヶ月に1度のメインテナンスが必要です。