歯列矯正とは?

不適切な歯並びや咬み合わせを正しい位置へ矯正する治療です。

矯正治療とは、単に見た目を良くするだけでなく、咬み合わせも同時に治すことで虫歯や歯周病にないにくくします。

 

矯正治療の流れ1:「相談」

治療方法、期間、料金、装置の種類についての相談を無料でおこなっております。

 

矯正治療の流れ2:「検査」

レントゲン写真をとり、歯の型をとります。口の中とお顔の写真を撮ります。

 

矯正治療の流れ3:コンサルテーション

検査の結果をお話します。このとき、治療が必要か、経過観察といってすぐに治療が必要ないかお話します。

 

矯正治療の流れ4:治療開始

装置による治療を開始します。月に1度のペースで来院していただきます。

 

矯正治療の流れ5:保定・観察

歯を動かす治療が終わり、後戻り防止装置に移行します。

 

咬合誘導

成長の手助けをしてあげるような矯正治療ですむことがあります。歯が全て生えてからの矯正とはちがい抜歯したり、無理矢理歯を動かすといったものではなく、成長の手助けをするものなので、装置も単純で期間も短く金額も安くすみます。

早期に成長発育をコントロールして、良い噛み合わせに誘導していく事は健康のためにも大変有効です。

 

悪い歯並びをそのまま放置していると

悪い歯並びをそのまま放置していると虫歯や歯周病のリスクが非常に高くなります。成人してから高額で無理に歯を動かす矯正よりも子供のうちに無理を少なく矯正していく治療はお子さんの負担も金銭的負担も軽くすむ場合がほとんどです。